台風による家屋や屋根の被害には、火災保険が使えます! 佐賀県内の方は是非、当社にご相談ください。 佐賀新聞『旬感情報』掲載中!

佐賀市大和町尼寺 以前お見積りのお客様よりご依頼頂きました。

施工前

以前ご近所を施工中、お見積りさせて頂きました、A様より、ご連絡頂きました。一番気になったところは、破風の部分です。汚れ、腐食などが目立ちました。

ここで豆知識です。

屋根の端に取り付けられている破風・鼻隠しですが雨樋の有無を除けば屋根の端を守っている部分です。破風板と呼ばれる側面に取り付けられている部材は、屋根裏へ風が吹き込むことを防いでいます。屋根というと雨水や太陽光を防いでいるという印象ですが、その役割の通り上からの雨風には高い耐久力を発揮させます。
一方横から吹き付ける雨風、外壁にあたり吹き上げる風の影響を大きく受けやすい傾向にあります。屋根の端であるからこそ横や下からの雨風を破風板がしっかり受け止めているのです。

破風は直に雨が当たるところです。
鼻隠しは雨樋に隠れている部分が多いものの、こちらも直に雨が当たります。日光も、風も、ダイレクトに当たりますからお家の中でもかなり負担を強いられている部分になります。

破風や鼻隠しが傷み、水分を含み始めると当然のことながら、周辺にも悪影響を及ぼします。
破風や鼻隠しに雨水が染み渡ると、その水分は軒天を浸食しはじめ、やがては外壁や小屋裏へと到達し、屋内にも浸入して来るのです。雨漏りに繋がってしまうことも珍しくありません。
傷みが破風や鼻隠しの一部にとどまるなら、修理を急ぐ必要はないのですが、そうはいかないことがほとんどなのです。

屋根の傷みばかり見がちですが、破風や鼻隠しに痛みを見つけたら、修理されることをおススメします。

完成しました。屋根も一緒に塗装しました。

タイトルとURLをコピーしました