台風による家屋や屋根の被害には、火災保険が使えます! 佐賀県内の方は是非、当社にご相談ください。 佐賀新聞『旬感情報』掲載中!

佐賀県小城市三日月町 HPよりお問い合わせ頂き屋根の塗装をしました。

今回のご依頼は、貸家への施工です。

貸家という事ですから、屋根が劣化してきて雨だれや染みが目立つようになれば入居者のイメージダウンになります。

また、見た目だけでなく、万が一雨漏りなどが起きた場合は、借りられる方からのクレームになったりする事もありえます。

 

なので、今回は、キレイに掃除をして、古くなって、痛みがひどい部分は差し替え作業を行っています。

 

 

傷んでいる箇所などは、今すぐ雨漏りするわけではありませんが、あきらかに、傷んでいない箇所と比べると雨漏りになる原因になります。

 

今回は特に賃貸という事もあるので、オーナーさんに話をして、せっかくならばという事で、しっかりと説明して、こういう箇所があるので修理の提案を行っています。

 

高所での工事や施工というのは、どうしても足場を組んで行う事が多いわけです。

そして、その足場を組むにも費用がかかります。

であれば、屋根すべてを張り替えるまではなくても、問題箇所を少しづつの修正の交換などは、行ったほうが良いという判断したためです。

 

意図的に、仕事を増やそうという事は一切ありません。

 

今回はオーナーさんへの提案が通じたので、施工いたしましたが、行わないという判断をされる場合はその判断を尊重致します。

私達イーハウスは、一度の施工でご依頼者様がより多くのメリットを感じてもらう事を意識しています。

それが、仮に依頼されていないことでも、調査や掃除などを行ったりしたときに気づいたりした場合に、このまま放置はよろしくないと経験や実績から感じた場合その根拠も画像や動画といった情報をもってオーナーさんへ伝えます。

もちろん、適正な価格は絶対です!当たり前です。

今回の施工が終わった後数年後に、やっぱり雨漏りが発生しちゃった…となった場合は、足場の費用が再度かかるわけです。

ちゃんと確認して提案しておけば、足場の費用が余計にかかる事もなかったりするわけです。

 

という事で、加工前と加工後の簡単な紹介を行いますね。

 

施工前

貸家の屋根を補修して塗装をしました。

先程もお伝えしましたが貸家ですので、オーナー様もなかなか確認が難しく、不動産会社様を通じて、空きになったタイミングで塗装をしたいとのことで、施工させて頂きました。

 

屋根は、痛みがひどい部分は差し替えました。汚れも結構ついていました。

古くなると、浮いてきたりするんです。

そしてその浮いた箇所に、砂ホコリやゴミが溜まってそこに湿気が貯まるようになると、またその箇所の痛みがひどくなります。

これが、続くと、雨漏りの原因に繋がります。

はい、という事で痛みがあった箇所を張り替えています。

このように、本当に一部分単位でも施工できるわけです。

これならば、めちゃくちゃ高額になったりしません。

それでいて安心量は増えるわけです。

 

また、色が変わっているのは問題ありません。このあと、キレイに屋根を塗装しますので、色違いなどにはならず、キレイで新しい色で家屋が蘇ります。

 

差し替え後です。

高圧洗浄で、苔は取れました。

そしてここから、丁寧に手作業でしっかりと塗装していきます。

下塗りを行い、塗装が長く持つようにします。

中塗り

上塗りと、3回も重ね塗りを行います。

屋根というのは、家屋を守る最上部にある物なので、こういった数年に一回程度の塗り替えは行ったほうが、建物が長くよい状態を維持できるのでかえって安く建物を維持できます。

また、傾斜がついていてかつ、高所での作業になるので、一般の素人の方がDIYで塗ったりするのは、命の危険があるので、当然ですがおすすめ出来かねます。

私達、外壁や屋根塗装の専門業者は、そのために訓練と、経験と、過去の実績や、施工するための様々な工具や安全対策なども準備して行います。

だからこそ、適正な価格をいただかなければ、本当の意味での家屋を長持ちさせる塗装やメンテナンスは出来ないのです。

というわけで、少し話がそれましたが完了いたしました。

施工完了!

汚れや痛みのひどい屋根でも、葺き替えせずに、補修・塗装で見違えるようにきれいになります。

ご依頼いただいたオーナーからも、キレイになったねぇ!と喜んでもらえました。

今回使用した塗料は カスタムシリコン2 チャコールグレーでした。

 

というわけで、小城市三日月町 HPよりお問い合わせ頂き屋根の塗装という話でした。

タイトルとURLをコピーしました