台風による家屋や屋根の被害には、火災保険が使えます! 佐賀県内の方は是非、当社にご相談ください。 佐賀新聞『旬感情報』掲載中!

佐賀市大和町東山田 屋根の塗膜剥離が目立ってきたため塗装をしました。

施工前

セメント瓦の塗膜の剥離が目立ってこられていました。瓦は特に紫外線・雨風にさらされている箇所となりますので、外壁に比べ劣化は早くなります。劣化の初期症状として、塗膜の艶がなくなり色あせがおこります。
塗膜の剥離は塗替えを行った瓦によく見られる症状となりますが、塗り替えの際に洗浄不十分、または乾燥不十分による塗膜の密着不良が原因でおこる、塗膜の浮き・剥離が考えられます。

旧塗膜の浮き・剥れは高圧洗浄だけでは除去出来ない場合が多いため、事前にケレンを行い脆弱な塗膜の除去を行います。塗膜剥離が起きている、または 塗膜が密着していない状態の瓦に再塗装を施しても、すぐに浮き・剥れの原因になりますので、後の塗膜剥離を防ぐためにはとても重要な作業になります。

多少時間はかかりますが、この作業を丁寧に行うことで、塗料の付き方も変わってきますので、妥協は致しません。

 

 

高圧洗浄

下地処理の内容によって、仕上りの程度良し悪しや塗膜剥離などのリスクを軽減することが出来ますので、この工程は特に入念に行う必要があります。表面の汚れが綺麗に除去できていない状態で塗装を行うと、その後の塗膜剥離が生じるリスクが高くなりますので、可能な限り綺麗に洗い流します。

下塗り

下地調整材は下地の凹凸が埋める必要がありますので、ある程度の厚みをつけて塗布を行う必要があります。また塗装方法は刷毛塗り・吹付の2通りありますが、吹付の場合は近隣への飛散の問題がありますので、風の無い日を選んで作業を行うように心がけています。

中塗り・上塗りはローラー刷毛を使って丁寧に、塗装しました。

施工完了です

今回は、セメント瓦の塗膜剥離が起こっていた為、塗装を行いました。施主様も、見違えるように綺麗になって大変喜ばれていました。

瓦が、剥離状態が見つかったら、早めの塗装をお勧めいたします。

タイトルとURLをコピーしました