台風による家屋や屋根の被害には、火災保険が使えます! 佐賀県内の方は是非、当社にご相談ください。 佐賀新聞『旬感情報』掲載中!

佐賀市兵庫北 1回目の外壁塗装です。息子様より紹介して頂きました。

築13年 初めての塗装です。

メンテナンスの時期で、メーカーに頼もうと思われていたそうです。

息子様のお宅を塗装させて頂き、同じ時期だったので、ご紹介頂きました。

色褪せが全体的に感じられました。時に傷んだところはありませんでした。

塗料 アステックペイントリファインMF 同系色

施工前

洗浄をします。

この洗浄って何気に一番重要な工程とも言えます。

家の外壁というものは、大小様々な凹凸があります。

凹凸があるという事は、そこにホコリやゴミなどが貯まるわけです。

それこそ、目に見えるゴミやホコリから、目に見えない粒子のような細かいものまで…

そして外壁の形状や、外壁の塗装の状況を見て適切な水圧で洗浄しないと、かえって外壁を炒めてしまう場合もあります。

こういった、経験や技術、判断ができないと、手直しの連続などが起きてしまいます。

ただ塗るというだけではなく、細かい判断が現場で行っています。

次に下地処理としての下塗りですね。

これは、この上に塗り重ねる塗料の発色をよくするという目的と、塗料が剥がれにくくするという目的などがあります。

この後にもともとの色で塗り重ねていますが、その途中の画像をなくしてしまったので飛ばします。

 

そして、色塗りが終わった後に、その上から、上塗りとして塗っていきます。

塗られているところと塗られていないところで微妙に色の濃さというか、ツヤの違いがわかると思います。

この上塗りは、塗料の発色を更に良くするだけではなく、塗料の耐久性を上げてくれるものでもあります。

ご予算にもよりますが、この上塗りをするかしないかでは塗料の耐久力が格段に違ってきます。
また、後から塗り直したいと思った時には、また足場を組まないといけないという事がでてくるのでその時に足場の費用が必要になります。

できれば、一度のご依頼の時に、しっかりとした上塗り塗装までをご提案しています。

 

次は、別箇所の塗装に入ります。

コチラも、当然ですが、洗浄を行ってから塗り作業を始めています。

洗浄中の画像を取り忘れてしまってしまってますので洗浄の様子をお伝えすることができませんが、しっかりと洗浄した上で塗装を開始しています。

しっかりとくっきりと、色が発色して外壁の濃いめのベージュ系の色と相まって美しくなってきましたね。

次は、軒下の裏面の施工にはいります。

こちらも、まずは洗浄します。

洗浄してキレイになったら、下塗りを行います。意外とこの面を塗る時に腕がパンパンになるくらい疲れたりしますが、それに負けず丁寧にしっかりと塗っていきます。

そして、同色で上塗り致します。

しっかりと、焦げ茶色の発色ができていますね。

こういった軒の裏面などは、家屋によっては、あまりメンテナンスされていない場合もありますが、遠くからはあまり目立ちませんが、近づいて見えたりすると、一気に古臭さが見えたりします。

遠目では、目立たない箇所ではありますが、しっかり対処しておく事で、建物としての劣化を防ぐという意味合いもあります。

 

最後にウッドデッキの塗装です。

ここは、どうしても雨ざらしになり、人が歩く場所事と、日差しが当たりやすい箇所でもあるので、劣化具合は一番はやく進む場所になります。

どんなに強い塗装をしていても、物理的に人が歩くというのは、それだけ塗装にダメージが入りやすいからです。

ですからしっかり塗装して防御しておく必要があります。
もちろん塗装の前にしっかり洗浄は行っています。

こういったウッドデッキは、使用されている材質にもよりますが、隣接している建物の箇所へも影響が出やすい場所でもあります。

よくある話は、自己流で塗料を塗っていたが、大事なところが塗れていないとか、養生の失敗で塗りたくないところまではみ出てしまったとかもあります。

イーハウスでは当然ですが、ウッドデッキであろうと、手を抜かず、キレイにきっちり丁寧に塗装致します。

完成の写真が撮れていません。

後日追加したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました