台風による家屋や屋根の被害には、火災保険が使えます! 佐賀県内の方は是非、当社にご相談ください。 佐賀新聞『旬感情報』掲載中!

佐賀市大和町尼寺にて ジョリパッドの外壁の塗装をしました。

施工前の状態です。

ジョリパットはフランス生まれの塗り壁材の一つです。漆喰やモルタルのように粘性があり、仕上げ材としてモルタルの下地に塗って外壁を形成していきます。築10年を過ぎると、どうしても雨ダレや、日当たりで汚れが目立ってきます。ジョリパット外壁で1番悩みが多いのは汚れです。ジョリパット外壁の質感や模様には汚れが溜まりやすく、外壁の美観を保つ事が困難です。

漆喰で下地の補修をしてゆきます。今ある風合いを壊さないように丁寧に行います。

今回は、フィラー、シーラー、中塗り、上塗りの4工程にて塗装を行いました。中塗り、上塗りはアステックペイントのシリコンREVO1000の遮熱塗料を仕様しました。

アステックペイントの「ホワイトフィラーA」とは、主に外壁に使用する水性下塗り材です。

特徴は、微弾性フィラーである。微弾性フィラーとは、表面の凸凹をならす下地調整役のフィラー機能と素材の中へ塗料が吸い込まれすぎず、上塗り材と良く合わせるため表面にシールする役目のシーラー機能を兼ね備えたものです。表面が、でこぼことしているモルタル外壁の塗り替えによく使われます。「弾性」というように弾力のあるゴムのような柔らかい素材を使っているため、モルタル外壁によく表れる小さなひび割れを埋め、そのひびの広がるのを防いでくれます。こちらのお宅は、モルタル外壁の塗り替えのため、この「ホワイトフィラーA」を使用して、細かいひびを埋めながら下塗りを行います。

シーラーにて、2回目の下塗りをします。アステックペイントのエポパワーシーラーを使います。下塗り塗料は主に、中塗り・上塗り塗料を屋根や外壁に密着させたり、ムラを抑えたり、塗装面をきれいにする役割があります。下塗り作業は、中塗り・上塗りの塗料の機能を十分に発揮するために大事な工程です。

ジョリパットは、塗装が難しいので、だれでもできる塗装ではありません。熟練の職人だからできるのです。

アステックペイントのシリコンREVO1000IRは クールホワイトにて、中塗り・上塗りです。シリコン塗料の中でも、耐候性・低汚染性・遮熱性に優れた塗料です。

完成しました。

見違えるような白い素敵なお家に生まれ変わりました。施主様にも喜んで頂きました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました