台風による家屋や屋根の被害には、火災保険が使えます! 佐賀県内の方は是非、当社にご相談ください。 佐賀新聞『旬感情報』掲載中!

安心安全のJIO瑕疵保険に加入しています

瑕疵(かし)保険とは簡単に言うと、住宅の外壁塗装や屋根塗装、外壁・屋根の張替えから、屋根の葺き替えといった家屋のリフォームにおいて、「検査」と「保証」とがセットになっている保険のことです。

瑕疵保険を利用される場合、そのリフォーム内容を保証するための検査が行われます。
仮に、工事の途中でイーハウスが倒産してしまうという場合の損害分の料金を受け取ることができます。

イーハウスでの施工時にその瑕疵保険を追加申し込みが可能

瑕疵という言葉があまり一般的では無いので簡単に説明致します。

まず、リフォームの契約する時に交わした約束通りの性能・品質を確保できていない状態のことを「瑕疵(かし)」と言います。

イーハウスが施工する内容で説明するとすれば、塗装がすぐ剥がれたとか、屋根の張替えなどを行った際に雨漏りが起きるといった様な状態を指します。

もともとイーハウスでは独自の5年間の保証を全ての施工に適用していますが、さらに保証を追加したいという場合に、このJIO瑕疵保険を追加保証としてお申し込みいただけます。

住宅の瑕疵保険について

住宅のリフォームや新築などの工事で、瑕疵(欠陥)が発生した時、もしくは事業者が倒産・廃業した時に、補修費などを補償してくれるのが住宅の瑕疵(かし)保険です。

もしも保険期間内に瑕疵が発生した場合、居住者は保険法人に直接保険金を請求することができます。

リフォームの内容によっては、施工中にも検査が行われる場合もあります。
検査の仕方は、各工事内容における「設計施工基準」にもとづいて検査されます。

保険の対象はリフォームを実施した全部分

リフォーム工事の内容に関わらず、瑕疵保険の対象はリフォームを行う全部分です。
確実に契約したリフォームの内容の範囲について基本的には保証されます。

JIO瑕疵保険に加入業者のイーハウスへ依頼するメリット

質の高いリフォームができる
その理由は、基準に沿って施工するので雑な仕上がりになる危険性が低く、工事後にも保険対象部分の検査をしっかり行ってくれるので、一定の品質を獲得することができます。

逆に言えば雑な施工を行う事業者の場合、このJIO瑕疵保険を申し込めません。

もしも万一工事に瑕疵(欠陥)があっても安心できる

万が一リフォーム工事で欠陥が見つかった場合には、決められた保険法人に直接請求することができます。

作業を行ったリフォーム業者ではなく、第三者である検査員が証明してくれます。

リフォーム業者が倒産しても保証される

工事途中でリフォーム会社が倒産してしまった場合についても、しっかり保証されます。

さらに工事の完了後に欠陥が発見された際にすでに施工した業者が倒産・廃業していた場合にも、必要な補修費用などを受け取ることができます。

最悪の場合廃業してしまった会社に請求できずという事が起きたら心配という事は無いという事です。

現在ではあまりこのJIO瑕疵保険を利用されるお客様は多くありませんが、このJIO保険はたしかな技術や施工能力が無い事業者では使用できません。

タイトルとURLをコピーしました